読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルコ育成観察日記

アラサーで初めて恋人が出来たレズビアンのマルコちゃんを、彼女の目線から記録する育成観察記。

瀬戸内国際芸術祭に行ったことなど

7月の3連休にマルコさんと2泊3日香川県へ旅行しました。
1日目はイサムノグチ庭園美術館(1日3回の案内のみ、事前に往復ハガキでの要予約。)を訪れた後、
直島に船で渡り、地中美術館のナイトプログラムに参加したり、美術館の上に宿泊したりしました。
2日目は直島内のの美術館を巡り、パオ(モンゴルの遊牧民が使う移動式居住で、テント的な感じ)に宿泊。
3日目は瀬戸内国際芸術祭の初日にあたりました。豊島に船で渡り、豊島内のアートスポットをレンタサイクルで巡りました。
電動自転車は予約でいっぱいで、普通の自転車を借りたのですが、アップダウンの激しい島の道にひいひい言いながら移動しました。
内藤礼の「母型」という、ただひとつの作品のみが展示されている豊島美術館が最高でした。

この旅行は2月にひとり旅のつもりで計画していたのですが、そのときに仲良くなったマルコさんをお付き合いする前からお誘いしていたのでした。
今思うとわたしもよく誘ったものだと思うし、マルコさんもよく行くと言ってくれたものだと思います。
結果的に、恋人関係のマルコさんとこの旅行に行くことが出来て良かったです。
完全にわたしの準備不足で、船や電車の時間がせっぱつまり猛ダッシュにもお付き合いいただく場面も一度ならずありましたが、
マルコさんは責めもせず一緒に解決してくれて、良い人と恋人になれて幸運だなと、しみじみ思いました。

そして先週日曜日に、内藤礼を追ったドキュメンタリー映画『あえかなる部屋 -内藤礼と、光たち』の上映会にもマルコさんと一緒に行きました。
旅行から2週間経っても、まだ気持ちが帰って来ていないような気がします。
今回諦めたことを達成したいので、香川にはマルコさんと再訪したいです。
犬島に行くことや、ベネッセミュージアムオーバル棟に泊まること、あともう一度豊島美術館を見に行く(今回は午前中だったので、次は夕方を見たい)ことなど。


いつまでもふわふわした気分を引きずっているわたしと違って、マルコさんは就職試験に向けた勉強が佳境を迎えているようです。

わたしが眠ったあと、デスクライトだけ点けて3時ころまで勉強し、朝起きてもすぐ机に向かっています。
一日何時間勉強をしているんだろう。
直島の後も翌週にマルコさんの地元に訪れてマルコさんの実弟さんと半日遊んだり、月末にマルコさんがお誕生日を迎えたり、イベントが盛りだくさんでした。
もしかして、マルコさんの勉強の邪魔をしているのではという気がしてきますね。大丈夫かな。
8月はあまりお邪魔にならないように気をつけつつ、気分転換のお伴をしたいです。
見たい展示でもメモしておきます。

ポール・スミス
2016年7月27日(日)~8月23日(火)
上野の森美術館

・大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで
2016年7月5日(火)~8月28日(日)
江戸東京博物館

・こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し

2016年07月16日(土)~08月31日(水)
東京都庭園美術館

・宇宙と芸術展
2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月)
森美術館

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
ブログランキングに参加してみました